株式会社 岬建築事務所

経営理念
建築設計に対する私たちの考え方
建築の設計とはお客様の要求・要望を具体化し、
個人住宅のような「生活の場」から
公共建築物としての「教育・文化の場」まで
「様々な場」を生み出す建築物を創造することです。
 
しかし、その結果生まれる建築物には個別の資産
としての価値以外に、「街の景観を創出する顔」と
「貴重な資源の消費者である顔」
という側面を有しています。
 
私たちは、建築物が社会に与える影響を予測し、
それに応え、付加価値を高めることが、
本当の意味での「建築の設計」であると考えます。
 
弊社は県内屈指の歴史をもつ建築設計事務所として、
経験によって裏づけされた技術の蓄積により、
また、構造・設備部門を社内に有し、
関連する設計業務を自社内で実施可能な
総合的な設計事務所として、
設計から工事監理、そして維持管理まで、
一貫した高度な技術力を提供いたします。
経営理念

弊社では構造・設備部門を社内に有しており、
各部門連携のもと
建築の設計を進めることができます。
 
平成21年5月に改正された建築士法による
 
『一定の建築物の構造設計/設備設計への
構造設計一級建築士/設備設計一級建築士の
関与の義務づけ』
 
に関しても複数名の資格者を社内に擁し、
外注することなく円滑な業務実施が可能です。