株式会社 岬建築事務所

作品紹介
事務所・会館 > 越美山系砂防工事事務所
前
次
越美山系砂防工事事務所_1
越美山系砂防工事事務所_2
越美山系砂防工事事務所_3
越美山系砂防工事事務所_4
越美山系砂防工事事務所
所在地 岐阜県揖斐郡揖斐川町
構造規模 RC造 2階建
延床面積 1,705平方メートル
竣工年 2000年
■開かれた庁舎として
 
 当庁舎は国土交通省管轄の砂防工事事務所である。文字通り、我々を土石流・洪水等の自然災害から守る為に働く人達の庁舎であるが、反面、一般人には馴染みの無い場所であり、ここを訪れる人達も関係者が殆どである。
 新庁舎建設に当ってば、当局の要望でもある「地域に開かれた庁舎」として、“環境共生”と“地域交流”を2本の柱に施設計画をした。
 
 庁舎は城台山に融和する穏やかなスカイラインを形成する曲面屋根と、緑豊かな自然に調和する色彩計画を特徴とする。屋根面より突き出た地上45Mの無線鉄塔は、威圧感を軽減する為に建物と一体化して計画し、地域のランドマークとして機能する。
 
 庁舎には従来と比較して、展示ホール等の地域交流スペースを充実させ、地域に開放された庁舎とした。地域交流の窓口である玄関ホールは、トップライトを設け、2階廊下をブリッジとして渡す事で空間に広がりを持たせ、そこに繋がる展示ホール・ロビー・広報室の地域交流関連諸室を気軽に利用できる様に利用できる様に一体的な空間構成とした。